ひとばん寝かせたカレーはとてもおいしい

Twitterに載っけられない長文置き場

真面目にnoteを書いた

新学期が始まった

正直なところ、1年前には進級できる自信が全くなかったので、とりあえず進級できてよかった。

今年からはオンライン授業で取得できる年間の単位数に制限がかけられたようなので、去年オンラインメインのうちに単位を稼いでおいてよかったと思う。

去年はキャンパスがいつも閑散としていたのだが、突然大量の人が通うようになったのでキャパオーバー気味。

人が多いのは嫌いだ。

ただ一つよかったことがあって、大学に21時までいられるようになった。

昨年までは謎の感染防止策で19時までしか大学に残留できなかったが、今年はそれが撤廃された。

19時で帰らされるとか高校かよ。

普通教室にいるとなぜか今まで通り19時で追い出されてしまうが、図書館は21時まで開いているので図書館にいればよい。

だいたい図書館で20時くらいまで作業してから帰るようにしている。

この1時間だけで、大学がかなり楽しく感じる。まぁスタート水準が低いのでそれでもまだあまり楽しくないけど。

大学近くのラーメン屋さん

友達は相変わらず、増えない。

友達が増えないのは授業がオンラインだからではないようだ。

 

働きたくないのに

今月は仕事の方が大進展したので、仕事が少し楽しい。

仕事が楽しいってぶっ壊れてないか。もうつまんないやりたくない仕事できなくなっちゃう。

いまだに仕事が趣味の延長線上にあり、こんなんで金もらっていいのかというノリでやっている。世の中舐めてる。

特に大きいのが12月からやっているメディアの仕事で、業務委託のまま報酬が固定制となった。

今までフリーで請けてきた仕事は全部成果報酬制なので、労働時間ベースで報酬が出るというのがなかなか新鮮だ。

さらに出社の際には交通費を出してもらえることになった。出社は任意だが楽しいので出社している。

あと、仕事について相談できる人ができたのもありがたい。

今までの相談相手はGoogleと辞書だけだった。人と話したり議論したりすると自分の思考も明確になる。

昨年度は人との交流が一桁だったところ、一転してめちゃくちゃ色んな人と関わることになって、めんどくさいし疲れるけど楽しい。

平日しっかり疲れると休日のありがたみを実感することができる(大体休日も仕事しているが)。

労働ホンマクソやなと思いながらも、結局毎日のように労働している。労働サイコー!

 

これが青春か?

あろうことか、私にも女の子と一緒に帰る権利、そしてご飯に行く権利が与えられたようだ。

帰社時間が偶然被ったとき、このようなゲリライベントが発生する。

女の子といっても年上なので、私の立場でこう呼んでいいのだろうか。

当然ながら、私にはこのような経験が過去に一度もない

(と思ったが、思い返してみたら一度だけ一緒に帰ったことはあった)

(あと小学生のときは普通に一緒に帰ってたわ)

 

実際にやってみると、世の男達がこれを狙っている理由がわかった気がした。私も男なので。

このなんか異性との会話独特の、お互いに腹を割ってしゃべってない感じというかね。

繕い続けるのって疲れるしダルいので、実際こっちは割と普段通りに喋っているけど。それで嫌われたらそれまででしょ。

キャバクラやホストクラブはこういう体験を売っているんだろうな。確かにこれは売り物になるわ。

客観的に見て価値があまりないような会話(情報交換)にさえ、それを異性とやっているというだけで付加価値になる。

このように人間は非常にうまいこと仕込まれているのだ。

異性との交流に対して無条件でこれくらいの価値をつけないと、遺伝子って残せないんだろうね。まいったよ。

果たして反出生主義の私は、これに抗えるか。または遺伝子を残し合うことについて、合理的な説明を見つけることができるのか。

童貞、まもなくハタチになります。

 

真面目にnoteを書いた

オフィスで出会った、その一緒にご飯に行った彼女に唆されて、仕事についてのnoteを書いた。

ちょうど名刺がわりになるような文章が欲しいと思っていたので、半分強制力で書けてよかった。

このブログはちょっと真面目な仕事先で見せるには抵抗があるので、仕事先にも見せられる文章にした。

せっかくの書き物なので、一応こっちにも貼っておこうと思う。

note.com

サルでもわかる履修登録(創生科学科ver.)

履修登録でお困りの創生科学科のみなさん

1時間で書ける範囲で、履修登録の説明を書きました。

参考にしてください。

サルでもわかると書いたのは、釣りです。サルにはわかりません。

 

用意するもの

理工学部のHPに行くと、「まとめページ」というものが用意されています。

 

これがあんまりまとまっていなくてイライラするのですが、イライラしないでください。

いろいろありますが、基本的に履修登録で見なければいけない資料はこれだけです。(2022年度分はリンクにしましたので、創生の方なら踏めば飛べます)

時間割は2枚あります。

 

いざ履修登録

単位数等の要件

履修の手引きを開いて、創生の部分までページを繰ってください。

まず最初の「進級条件・卒業要件および履修上の留意点」を確認してください。

f:id:fnwr:20220402180638j:image

これを満たしていないと、進級することができません。

しかし安心してください。1年生に関しては、必修授業だけで進級要件を満たします。必修授業だけ取ってフル単すれば進級できます。

進級はできますが後の学年になってから大変なので、単位は上限である49単位を目指して履修登録することをおすすめします。

 

推奨する科目

f:id:fnwr:20220402180702j:image

この部分は、◎がついている授業が必修授業だよー、ってことです。

〇印は選択必修授業となっています。創生の選択必修授業は、選択語学からいずれか1ヶ国語の授業と、「創生科学基礎実験」「創生科学基礎演習」です。

選択語学はご存知の通り、フランス語中国語ドイツ語スペイン語朝鮮語から1個選択するやつです。

創生科学基礎実験と基礎演習は1年生の必修科目ではありませんが、2年生以降の進級要件に含まれる科目となっており、事実上1年生での必修科目となっています。

2年生までに基礎実験1と基礎演習1を両方単位取得しなければならず、その後に基礎実験・演習のⅡとⅢも続いていくので、1年生のうちに実験と演習のⅠを取っておかないと後に詰まって大変です。そのため大体、基礎実験と基礎演習の両方を1年生で取ります。

 

専門科目

f:id:fnwr:20220402184352j:image

黄色くマーカーした部分が1年生の専門科目の割り当てで、◎がついている科目が必修科目です。

緑色でマーカーした部分は、必修ではない専門科目です。興味関心に応じて選択してください。

この表に載っている科目は、必修科目と同じ学科の時間割に記載されています。

 

教養科目

f:id:fnwr:20220402180732j:image

教養科目は、幅広い分野から自身の興味関心に応じて選択することができます。ピンク色でマーカーした部分は、2単位分の普通の教養の授業です。

緑色でマーカーした部分は自由科目となっており、進級要件や卒業要件に含めることができません。つまり単位は出るけど数えられないということです。

下のほうにあるのは教職を取る人が主に選択する科目です。

こっちは「教養」の時間割に載っています。

 

突然ページの向きが変わる表

f:id:fnwr:20220402180743j:image

ここはフィールド別の推奨科目が記載されています。フィールドの説明については、学部HPなどを参照してください。

自身が進みたいフィールドを考え、何の専門科目を取ろうか決める少しの参考にしてください。そんなに深く考えなくていいです。

 

時間割の作成

概要がわかったところで、時間割を作成していきます。

時間割を作成するにあたって、Excelスプレッドシートなどで時間割表を作成してください。A4の紙に書いてもいいです。

履修登録は春と秋同時にやるので、表は2枚分作ってください。

時間割アプリでもいいですけど。あーいうの使いづらくないすか。

f:id:fnwr:20220402181459p:imagef:id:fnwr:20220402181503p:image

これが私の時間割表です。

参考にする方は参考にしてください。

 

まず、必修科目を書き入れていきます。

コミュニケーション・ストラテジーコンプリヘンシブ・イングリッシュが全員共通の語学系必修科目、〇〇語基礎Ⅰ/Ⅱが人によって異なる語学系選択必修科目です。

それから「専門科目一覧」にあった◎の科目が全部必修、それから秋学期の創生科学基礎実験、創生科学基礎演習が実質の必修科目なので、それも全て時間割表に書き入れてください。

f:id:fnwr:20220402185508j:image

 

必修科目が書き終わったら、学部の時間割と教養の時間割のなかで、必修科目が既に入っている自分の時間に×印をつけていきます。

そんで残りの時間の部分から自分が受けたい授業を探します。

授業名の横に授業コードが書いてありますので、その授業コードをWebシラバスにぶち込んで授業内容を確認してください。

Webシラバスポンコツなので、授業名で調べても出てこないことがあります。授業コードで検索してください。

授業内容に興味を持てたら、とりあえず自分の時間割表に書いておきます。

なお教養の授業の中には、抽選が必要なものもあります。そういう授業を受けたい場合は、 4月6日までに抽選の登録をしておく必要があるので早めに考えておくようにしましょう。(抽選が必要な授業は楽単という噂)

ここに、「専門科目」の必修以外の科目たちと、「教養系科目」の中から好きな授業を選んで入れていきます。年間の取得単位上限数が49単位なので、表を見てあと何単位とか計算しながら入れていってください。

大体1つの授業で2単位分ですが、1単位の授業もあります。表で確認してください。

 

履修登録と仮登録

履修登録情報システム、仮登録はHoppii(学習支援システム)でおこないます。

情報システムは成績管理のシステム、Hoppiiは授業の情報を受け取るためのシステムです。(同じにしろやと思う)

授業の情報を受け取るためには、Hoppiiに授業が登録されていなければなりません。仮登録は、Hoppiiから授業の情報を受け取るための作業です。

情報システムで履修登録を行うと、翌日Hoppiiに登録した授業が反映されます。

 

特に1年生は授業期間開始すぐ(7日)の授業を絶対に受講すると思うので、Hoppiiでの仮登録を行う必要が出てきます。(情報システムとHoppiiの同期が間に合わないため)

一般には、7日および8日に受講する授業のみHoppiiで仮登録を行えばよいでしょう。情報システムでの履修登録が完全に完了していれば、それ以降はHoppiiに自動的に反映されます。

心配な人は情報システムに登録するのと同じ内容で、Hoppiiでも全部の授業を仮登録してください。私は法政のWebシステムを信頼していないため、この方法を採用しています。

ここで一つ注意事項があります。Hoppiiは4月6日の夕方から徐々に重くなり、深夜はアクセス過多で完全に鯖落ちします。鯖落ちします。鯖落ちします。

これは例年の恒例イベントのようです。仮登録は早めに行いましょう。

なお、鯖落ちで仮登録ができなかったとしても、授業の情報が受け取れないだけなのでそんなに大きな問題はありません。アクセスが落ち着いた翌朝にでも仮登録しておけばOKです。

 

仮登録に制限はなく、好きなだけ授業を仮登録することができます。迷ったらとりあえず登録しておいて、初回の授業を受けて、合わなかったら登録を外しておけばいいだけです。

 

おわりに

これで履修登録は終わりです。

あとはサークルに入って優しい先輩に聞いてください。

 

こちらの記事でも履修登録について解説していますのでご覧ください。

hitoban.hatenablog.jp

 

役に立ったと思ったら、この記事をお友達に紹介・シェアしてください。

 

 

 

旅行中に食べたごはん(Wi-Fi推奨)

最長片道切符旅行中に食べたごはんの写真をひたすら貼るだけの記事。

旅先では基本、座って食事をするときはすべて写真を撮っている。

写真に撮っていないメシは、コンビニおにぎり2個だけとかなんかの安かったパンだけとか。(そういう写真もちょこちょこ紛れ込んでいる)

最長片道切符についての記事はこちらを参照されたい。

hitoban.hatenablog.jp

f:id:fnwr:20220331204017j:image
f:id:fnwr:20220331203908j:image
f:id:fnwr:20220331204053j:image
f:id:fnwr:20220331204030j:image
f:id:fnwr:20220331204107j:image
f:id:fnwr:20220331204042j:image
f:id:fnwr:20220331203903j:image
f:id:fnwr:20220331203834j:image
f:id:fnwr:20220331204121j:image
f:id:fnwr:20220331204025j:image
f:id:fnwr:20220331203842j:image
f:id:fnwr:20220331204036j:image
f:id:fnwr:20220331203857j:image
f:id:fnwr:20220331203914j:image
f:id:fnwr:20220331204051j:image
f:id:fnwr:20220331203951j:image
f:id:fnwr:20220331204019j:image
f:id:fnwr:20220331204011j:image
f:id:fnwr:20220331204127j:image
f:id:fnwr:20220331203931j:image
f:id:fnwr:20220331204104j:image
f:id:fnwr:20220331204033j:image
f:id:fnwr:20220331204113j:image
f:id:fnwr:20220331204003j:image
f:id:fnwr:20220331203848j:image
f:id:fnwr:20220331203954j:image
f:id:fnwr:20220331203939j:image
f:id:fnwr:20220331204116j:image
f:id:fnwr:20220331204039j:image
f:id:fnwr:20220331203945j:image
f:id:fnwr:20220331203926j:image
f:id:fnwr:20220331204124j:image
f:id:fnwr:20220331204110j:image
f:id:fnwr:20220331203957j:image
f:id:fnwr:20220331203852j:image
f:id:fnwr:20220331203900j:image
f:id:fnwr:20220331203929j:image
f:id:fnwr:20220331203959j:image
f:id:fnwr:20220331204119j:image
f:id:fnwr:20220331204005j:image
f:id:fnwr:20220331203831j:image
f:id:fnwr:20220331203837j:image
f:id:fnwr:20220331203948j:image
f:id:fnwr:20220331204022j:image
f:id:fnwr:20220331203942j:image
f:id:fnwr:20220331204045j:image
f:id:fnwr:20220331204059j:image
f:id:fnwr:20220331203840j:image
f:id:fnwr:20220331203854j:image
f:id:fnwr:20220331204014j:image
f:id:fnwr:20220331203923j:image
f:id:fnwr:20220331204048j:image
f:id:fnwr:20220331204102j:image
f:id:fnwr:20220331204129j:image
f:id:fnwr:20220331204135j:image
f:id:fnwr:20220331204027j:image
f:id:fnwr:20220331203906j:image
f:id:fnwr:20220331203920j:image
f:id:fnwr:20220331204056j:image
f:id:fnwr:20220331203845j:image
f:id:fnwr:20220331203917j:image
f:id:fnwr:20220331204008j:image
f:id:fnwr:20220331203936j:image
f:id:fnwr:20220331204132j:image
f:id:fnwr:20220331203911j:image

完走@肥前山口

佐伯で泊まったゲストハウスで、なかなかいい本が置いてあった。

それに影響を受けて3月は常態で書いてみようと思う。

 

サウナー体験@米子

米子で泊まったところがとてもよかった。

半個室ドミトリーみたいな感じで、座れるし自分のスペースもちゃんと確保されていてなかなか快適。2000円。

密室ではないので大きな音は出せない。

f:id:fnwr:20220331193352j:image

ここはサウナがウリだそうなので、入ってきた。

これがなかなか気持ちいい。サウナに入っている間はひたすら我慢なのだが、我慢のあとに水風呂に入ると身体が引き締まるような感覚がある。

我慢に我慢してトイレに入ったときの気持ちよさのような。夏の部活終わりのアイスの爽快感のような。

どんなときだって苦を乗り越えた先には、快感が待っているのかもしれない。

図らずもそのサウナが非常に気に入ったので、米子にはもう1泊分滞在することにした。

階下には「米子まんがミュージアム」という、漫画読み放題の施設がある。翌日はそこでマンガを読みつつ、サウナに入って、飯食って、漫画読んで、サウナ入って、を繰り返す天国ムーブでこの世の理を掌握した。

f:id:fnwr:20220331192557j:image
f:id:fnwr:20220331192603j:image
f:id:fnwr:20220331192608j:image

ロウリュのお兄さん(熱波師というらしい)はめちゃくちゃ陽キャだった。オリラジ藤森さんのテンション2割下げくらいのノリでサウナストーンに水をかける。

ちょうど偶然その日が3月7日「サウナの日」ということで、ロウリュの後に大型ドライヤーで1人ずつ熱波を浴びせられるというサービスもあった(恐らくサウナの日だからというのはこじつけだろうけど)。

サウナというのは陽キャの娯楽なんだろうな。

 

限界旅程@居能

汽車に間に合うか怪しいのでホテルから駅までダッシュ

長門峡10kmハイキング。往復徒歩5時間。

夜、居能駅から快活CLUBまで徒歩30分。

快活CLUBのオープン席で夜明かし。

睡眠時間20分×2回。ウトウト椅子睡眠。

翌日早朝快活CLUBから居能駅から徒歩30分。

秋芳洞徒歩2時間。

秋吉台徒歩1時間。

小倉20時着。

 

それ以外の時間はひたすら移動。流石に限界すぎる。そんな過酷な行程を、バスケ部で鍛えた我が健脚でなんとか持ちこたえた。バスケ部ありがとう。

これの影響で、身体ちょいダルの状態が2~3日くらい続いた。

 

ひなびた温泉旅館@京町温泉

松尾旅館さん。

f:id:fnwr:20220331192617j:image

なるほど、ひなびている。「もう営業していないんです」と言われても、「は〜そうなんですか」で済ませてしまう気がする。

f:id:fnwr:20220331192632j:image

部屋はまさしく「旅館」という感じ。本に書いてあった通り、旅館にしては放任的な感じだった。それが良いのだとか。

食事前にお風呂をいただいた。

f:id:fnwr:20220331192645j:image

風呂はもちろん源泉かけ流し。結構な沸出量があるようで、ひたすら絶え間なくお湯が出てくる。少し黒がかったお湯で、蛇口からもややくすんだ色の水が出てくる。飲むとまずいので水道水も温泉水なのだろう。

男湯にはシャワーがない。シャワーがないのでタライで頑張るしかない。シャワーがない風呂は何年かぶりだ。ひなびてる〜。

 

お食事は「簡単メニュー」というものにしたのだが、まぁなかなかボリューミーである。

f:id:fnwr:20220331192717j:image

旅館というのは想像の3倍くらいの量が出てきがちなのかもしれない。「簡単メニュー」のはずなのに、満腹で食べきれず小鉢を1つ残してしまった。ちゃんと腹ペコにしてきたのに。

限界を超えて食べたため、部屋に戻ってから1時間くらいは身動きが取れなかった。体勢を少しでも変えるとЯe-verseしてしまうのは明白であった。

1時間半くらいくたばっていたら動けるようになったので、もう一度お風呂をいただいた。

朝は風呂に入ってから、朝食をいただいて出発した。お腹はリセットされていた。まだ若い。

歩くと床が軋んで抜けるんじゃないかと不安だったけど、末永く頑張ってほしい。

 

中干し@鹿児島

旅行ももう日数が少なくなってきたのに、ここで洗濯機を回して330円を使いたくない。

そのため、汗をかいたTシャツだけ水で洗って、絞ってホテルの部屋の中に干すことにした。

ホテルの部屋って乾燥してるしイケるやろと思ったのだが、それは冬の話だった。

3月。鹿児島。春というよりもう夏とカウントしても差し支えないくらいには暑い。

湿度も高く、当然一晩では乾かなかった。出発30分前にドライヤーで乾かし始めたが、効果は今ひとつ。

結局、そこで水洗いした2枚のTシャツは、中干し臭で着られなくなる(ほど激臭というわけではなかった、正確に言うと「着たくなくなる」)という本末転倒の結果となった。今更洗濯機を回すのも悔しいので、残り1枚のTシャツで帰りまで頑張ることにした。

長崎でTシャツを裏返しにした。あと4日は着られるだろう。

 

またサウナ@熊本

サウナの魅力に取り憑かれてしまったにわかサウナーワイ。

熊本に「西のサウナの聖地」があるとの情報を知り、行ってみることにした。

f:id:fnwr:20220331192825j:image

「湯らっくす」は駅から30分くらい歩いた国道沿いにあった。ネカフェあるある。

火の国熊本、3月だというのに夏くらい暑い。今からサウナに入りにいくというのに、私は汗をかくのが大嫌いである。

特に「汗ばむ」感じは一番嫌い。猛烈な不快感を感じながらも、汗をかきにサウナに入るために歩いている自分に戸惑う。

しかしこんなところで戸惑っているようではダメだ。思考を停止して進み続けなければならない。

サウナーであるからには、陽キャでなければならないのだから。

サウナの中では陰キャに人権は無いのだ。

至近距離に大好物のハードオフがあって、行きたかったけどあまりに暑くてはやくシャワーが浴びたいのでやめた。

もしハードオフのジャンクPCコーナーに寄ろうものなら、私が今まで築き上げた陽キャの石垣が崩壊して、陰キャのコア部分が顕になってしまうだろう。

 

肝心のサウナはよかったけど、人が多くてあまりゆっくりはできなかった。

聖地なのでそりゃ、人も多いか。メッカだもんね。

やっぱり有名どころはあまり向いていないのかもしれない。米子のほうが規模は小さいが、人も少なかったのでゆっくりできてよかった。

f:id:fnwr:20220331192853j:plain

サウナ後のカツカレー

カツカレー食べるの下手すぎてルーだけ余ってしまった。

塩蒸しサウナ、泥パック、いいシャンプーのおかげで、乾燥肌にしばしの潤いが戻った。

 

完走@肥前山口

3月X日に完走。45日間の長旅が終了した。

f:id:fnwr:20220331192920j:image
f:id:fnwr:20220331192916j:image

肥前山口駅長崎新幹線の開業で「江北」駅に名称が変更になるらしいので、肥前山口の駅名が入った無効印は貴重である。

時間がかなり余ったので前日は長崎に寄って、稲佐山で夜景を鑑賞していた。

f:id:fnwr:20220331192955j:image

そのため偶然にも、窓口の営業時間中にFINISHすることができた。ダイヤ改正によって、窓口の営業時間はかなり短くなってしまったようだ。

(窓口の営業時間中でないと、無効印を押してもらえない)

今後、根室本線の部分廃止、函館本線の部分廃止、中国地方ローカル線の廃止、北陸新幹線の延伸・長崎新幹線の開業などによって、最長片道切符のルートはかなり短くなるだろう。

これらの重大イベントが発生する前に、このルートで最長片道切符旅行を完遂できて本当によかった。

ルートの短縮は残念だが、裏を返せば最長往復切符への挑戦が長期休みの期間内で可能になるかも。(裏を返すな)

また時間の余裕ができたらやってみたいものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

JR最長片道切符旅行の費用と経路、宿泊先など

 

f:id:fnwr:20220321213949j:image

最長片道切符についての説明については親切丁寧な他サイトさまに任せることにして、

ここでは費用と経路などについて振り返っていこうかなと思う。

最長片道切符(アンサイクロペディア)←これが親切丁寧なのかについては議論の余地がある

 

費用について

最長片道切符の行程は45日間で、その間にかかった費用は262,804円であった。

(自宅から稚内肥前山口から自宅までの交通費は計算外)

最長片道切符 :73,040+330円(※1)

新幹線特急料金:22,000円

宿泊費    :92,251+5,616円(※2)

食費     :46,362円

観光費    :18,640円

その他雑費  :4,565円

合計     :262,804円

(※1)

発券時の私のルート指定ミスにより、本来辰野ー岡谷ー塩尻と行かなければならない区間を、岡谷を経由せずに発券してしまった。(くそーーー!!!)

そのため、新たに岡谷経由で辰野ー塩尻間の乗車券を買い足して、この区間を乗車した。

※このミスによって、この切符は厳密には「最長」片道切符ではなくなってしまった

(※2)

ルート外駅最寄りの宿泊施設に宿泊する場合の、ルート内駅から当該駅までの交通費を別計算として加算した。

 

日にちで割ると5,840円となる。

交通費・観光費用などを抜いた、生存に必要な費用は45日間で138,613円で、日にちで割ると3,080円となった。

 

アンサイクロペディアには「この巡礼に挑むにあたっては、最低でも200万円が必要と考えるべきである」と記載があるが、はっきり言ってそんなに必要ない。

若くて体力があれば50万円もあれば十分足りるだろうし、100万円あればかなり贅沢な旅行が楽しめるのではないかと思う。

(「贅沢な旅行」の定義が人によって違うことには留意する必要がある)

 

お金の使い方については、「ケチるところはケチる、使うところは使う」のスタンス。

ケチるところ→宿泊・食事・移動(徒歩1時間くらいまでの移動なら基本徒歩)

使うところ→観光地の入場料・観光地までの交通費・観光地での飲食など

それから「やらなかったら後悔する」と思った体験には、多少高いと感じてもお金を払った。

 

あと特記すべき事項として、今回は新幹線区間を除いて特急を一切使っていない。

完全に鈍行列車のみを使用しているので、移動に関わるお金は最低限になっているはず。

ただし、特急を使用してショートカットしたほうが宿泊費を考えると安上がりな区間(宗太郎越えのところとか)もあるので、

一概に特急を使わないことが節約に繋がるかというと、そんなことはないと思う。

 

 

 

 

経路について

今回の最長片道切符旅行では以下のように宿泊した。

f:id:fnwr:20220321205243j:image

【経路】(路線名等は非正確な記載)

稚内(宗谷本線)新旭川石北本線)網走(釧網本線東釧路根室本線新得根室本線富良野富良野線旭川函館本線岩見沢室蘭本線)沼ノ端(千歳線)白石(函館本線渡島砂原経由)新函館北斗北海道新幹線新青森奥羽本線)川部(五能線東能代奥羽本線)秋田(羽越本線)坂町(米坂線)米沢(奥羽本線)大曲(田沢湖線)盛岡(東北本線)花巻(釜石線)新花巻(東北新幹線)北上(東北本線)一ノ関(東北新幹線)古川(陸羽東線)小牛田(石巻線石巻仙石線)仙台(東北新幹線)福島(東北本線)岩沼(常磐線)いわき(磐越東線)郡山(磐越西線)新津(信越本線)長岡(上越新幹線)新潟(越後線)柏崎(信越本線)宮内(上越線越後川口飯山線)飯山(北陸新幹線上越妙高北陸新幹線糸魚川大糸線南小谷大糸線)松本(篠ノ井線篠ノ井信越線)長野(北陸新幹線)高崎(上越新幹線)越後湯沢(上越線)新前橋(両毛線)小山(東北本線安積永盛水郡線)水戸(常磐線)新松戸(武蔵野線南浦和京浜東北線)赤羽(埼京線)池袋(山手線)田端(京浜東北線秋葉原総武線)佐倉(成田線)松岸(総武本線)成東(東金線)大網(外房線安房鴨川(内房線蘇我京葉線)東京(中央本線)西国分寺武蔵野線武蔵浦和埼京線)大宮(高崎線)倉賀野(八高線)拝島(青梅線)立川(南武線)武蔵小杉(横須賀線)品川(東海道本線)川崎(南武線)尻手(南武線)浜川﨑(鶴見線)鶴見(東海道本線)横浜(根岸線)大船(東海道本線国府津御殿場線)沼津(東海道本線)富士(身延線甲府中央本線)八王子(横浜線)新横浜(東海道新幹線)小田原(東海道本線)三島(東海道新幹線)静岡(東海道本線豊橋飯田線)辰野(中央本線)岡谷(中央本線塩尻中央本線)名古屋(関西本線)亀山(紀勢本線)新宮(紀勢本線)和歌山(和歌山線)高田(桜井線)奈良(大和路線天王寺大阪環状線、西九条経由)京橋(片町線)木津(関西本線)柘植(草津線草津琵琶湖線)山科(湖西線近江塩津北陸本線米原東海道本線)岐阜(高山本線)猪谷(高山本線)富山(北陸新幹線)金沢(北陸本線敦賀小浜線)東舞鶴舞鶴線)綾部(山陰本線)京都(京都線)新大阪(山陽新幹線西明石神戸線)尼崎(福知山線)福知山(山陰本線鳥取因美線東津山姫新線)姫路(山陽本線)相生(赤穂線東岡山山陽本線)岡山(津山線)津山(姫新線)新見(伯備線)倉敷(山陽本線)三原(呉線海田市山陽本線)広島(芸備線備中神代伯備線伯耆大山山陰本線)益田(山口線新山口山陽本線宇部宇部線)居能(小野田線)小野田(山陽本線)厚狭(美祢線長門市山陰本線)幡生(山陽本線)下関(山陽本線)門司(鹿児島本線)西小倉(日豊本線都城吉都線)吉松(肥薩線)隼人(日豊本線)鹿児島(鹿児島本線)川内(九州新幹線新八代鹿児島本線)久留米(久大本線)夜明(日田彦山線田川後藤寺後藤寺線新飯塚福北ゆたか線)折尾(鹿児島本線吉塚福北ゆたか線桂川原田線)原田(鹿児島本線)博多(九州新幹線新鳥栖長崎本線肥前山口佐世保線早岐大村線諫早長崎本線肥前山口

(2022年2月・BRT除外JR版最長片道切符ルート)

これはJRのみ、かつ鉄路のみ利用で最長となるルート。総延長10717.0キロ。

実際には不通区間代行バスとなるので、100%鉄路というわけにはいかない。

 

宿泊について

宿泊はビジネスホテルカプセルホテルネットカフェドミトリーゲストハウス旅館

稚内)→新旭川網走帯広札幌(4)青森秋田横手福島寺尾上越妙高新前橋南浦和(2)→北朝霞→松田→八王子→塩尻松阪和歌山山科高山金沢舞鶴新大阪福知山相生広島米子(2)浜田居能小倉佐伯京町温泉鹿児島中央熊本博多諫早→(肥前山口

札幌では大雪に降られ交通がすべてダウンしてしまい、5日間の足止めを余儀なくされた。

南浦和では一度帰宅し、1日休んでから旅行を再開した。(関東近郊では自宅まで帰って自宅泊)

米子では滞在したサウナ施設が気に入ったので、2日間滞在した。

序盤駆け足になってしまった分、後半の西日本から九州にかけては観光する時間もとりながら比較的ゆっくりめ(当社比)で旅行した。

 

ホテル

東横インが35歳以下35%オフのキャンペーンをやっていて安かったので、ホテルは主に東横インを使用した。大体シングル1泊無料朝食バイキング付きで2700〜3200円くらいで泊まることができた。安くない!!?

無料朝食バイキングはスーパーホテルよりは品数の少ないシンプルなものであるが、この値段にして充分すぎる。非常にお得感があった。

東横インに泊まった日は、朝食バイキングでお腹を満たしてから出発することでその日の食費をセーブすることができた。

f:id:fnwr:20220321134808j:image

 

ネットカフェ

翌日の出発が早い日は、ホテルに泊まると損した気分になるので、ネットカフェを使用した。快活CLUBがお気に入り。

f:id:fnwr:20220321134840j:image
f:id:fnwr:20220321134843j:image

快活CLUBはドリンクバーと雑誌漫画はもちろん、シャワー無料、ソフトクリーム食べ放題、朝は食パン食べ放題という素晴らしいネットカフェチェーン。学割で会計から常時20%OFFなのもありがたい。

そして何といっても快活CLUBは、飲み放題のオレンジジュースが果汁100%のミニッツメイドなのである。これがデカい。変なところだとまっずい果汁4%くらいのジュースしかないところもあるが、快活はどこに行っても果汁100%のオレンジジュースを好きなだけ飲むことができる。

昔は朝ポテトも食べ放題で重宝していたが、最近はポテト危機の影響で中止になってしまった。ソフトクリームはあまり美味しくない店舗もあれば、普通に金取れるくらいに美味しい店舗もある。

最初はナイトパックのフルフラットシートにしていたが、大体隣のおじさんのイビキが凄まじくてあまり寝られないので「どうせ寝られないなら安いほうがいいか」ということで途中からはオープン席(飲み放題カフェ席)で夜明かしすることにした。

ナイトパック8時間で学割20%OFFで800円くらいが相場か。椅子なのでゆっくり寝ることは当然できない。

まともに寝られないので、翌日の移動中には爆睡してしまう。

流石にネットカフェ連続はしんどいので、ネカフェ宿泊の翌日は必ずホテルにした。

 

ドミトリー・ゲストハウス

ドミトリーはトイレ・シャワー共用の簡易宿泊施設である。古い言い方では木賃宿ともいう。

カーテンでベッドの部分が仕切られているのみで、防音性などはないので自由に音を出すことはできない。

f:id:fnwr:20220321135004j:image

f:id:fnwr:20220321184619j:image

プライバシーやセキュリティは弱いが安くベッドで横になることができる。

ゲストハウスの場合はそこで生活している人がいるので、共用キッチンや冷蔵庫があるのが特徴。

あるゲストハウスでは、共用スペースにあったテレビで(宿泊者なのかそこで生活していたのかは定かではない)おじさんと一緒にENGEIグランドスラムを見てゲラゲラ笑っていた。

それからゲストハウスのオーナーさんはたいてい死ぬほど親切。

 

カプセルホテル

カプセルホテルはある程度大きな都市にしかない。政令指定都市レベルの都市のカプセルホテルは安いのにめちゃくちゃ綺麗で快適なのでおすすめ。

特に完全無人受付のカプセルホテルは、体験として泊まってみる価値があると思った。

f:id:fnwr:20220321135040j:image
f:id:fnwr:20220321135037j:image

 

旅館

今回は旅館にも1回泊まった。

旅館は高齢の女将夫婦が切り盛りしている場合が多く、後継者不足で廃業が続いている。泊まるなら今のうちだと思う。大きいところではなく、個人経営のこじんまりした旅館がよいだろう。

旅館は高いうえに部屋は古めかしくて煙草のにおいがするし、風呂も到底きれいとは言えない。(合宿所のようなものだ)

 

f:id:fnwr:20220321155034j:image

トイレにウォシュレットなんてあるわけない。ここら辺を味があると評価できないなら断じて泊まるべきではない。

きれいなホテル!おいしいごはん!仲良しの友達とキラキラ旅行☆ストーリーだよみんな、いぇーい!系の方々は、不幸になるだけなので旅館に泊まるのはやめたほうがいいだろう。


f:id:fnwr:20220321155042j:image

 

風呂場にシャワーがなくても

うわマジか、シャワーないわ!ww桶で頑張るしかないやんw

OKOK、オケだけにwww

と興奮してしまう貴方。

ようこそ。こちら側の世界へ。


f:id:fnwr:20220321155039j:image
f:id:fnwr:20220321155036j:image

旅館の醍醐味は温泉と、食べきれないほどの料理と、軋む床である。

温泉については、旅館の先代がいい温泉の湧く場所に旅館を建てている場合が多いため、どんな温泉地の外湯よりも一級品である。もちろん源泉かけ流しで、新鮮な温泉を独り占めできる。

料理は本物の地元の料理を、たいてい食べきれないくらい出してくれることが多い。「少な目でお願いします」と言って、120%満腹になるくらいの量が出てくると認識しておけばよい。

見たこともないような料理も出てくるが、食べてみるのも体験料として代金に含まれていると思って、食べてみることだ。(今回はタコの刺身みたいなものが出てきて、Googleレンズで調べたらナマコだった。正直美味しくはなかった)

古い旅館は築年数も重ねているので、歩くたびに床がギィギィと軋む。ジャンプしたら抜けてしまいそうだ。

床が軋むほどの古い建物に泊まれていることにワクワクしてしまうよね。

 

いいホテルに泊まりながら旅行したいよ

大サブスク時代の世の中。「旅のサブスク」というのが存在するらしい。

 

この「HafH(ハフ) 」を使うと、月2,980円から、全国好きなホテルに自由に泊まることができるそう。

何でも最上位プランの「プレミアムプラス」は、月82,000円で全国のいいホテルに泊まり放題らしい。すごくね。早く教えてほしかったワ。

つまりこれに加入していれば、ネットカフェで消耗する必要はなかったのだ。

ネカフェ挟んだりと節約しながら1ヶ月旅行しても宿泊費として8万円くらいはかかるので、いいホテル泊まり放題で8万円ってめちゃくちゃおトクじゃないすか。

1ヶ月毎日といわずとも、1ヶ月1泊から宿泊可能なプランもあって、ちょっと羽伸ばしたいみたいなニーズにも対応。

私はこれを使って、今年の夏休みは涼しいところのホテルで仕事しつつ1ヶ月のびのび過ごそうかと画策している。いいだろ。勝ち組の気分を味わえそう。

 

食事について

食費は基本的にはケチケチの対象となる。旅行中は常に腹ペコであった。

18時〜20時くらいにスーパーに行って見切り販売のお惣菜を買ったり、定食を頼むとご飯がおかわり自由なチェーン店を活用したりと、なるべく少ないお金で最大限にお腹が満たせるようにした。

f:id:fnwr:20220321135704j:image

Pascoの8本入りスナックパンにはお世話になった。たった150円で一日もつ。

期限が近いと100円になっていることもあるので積極的に狙っていた。

モデルケース①

東横インの無料朝食(8時)→吉野家チーズ牛丼(21時) 食費544円

モデルケース②

おにぎりとパン(11時)→せんべい(14時)→ラーメン(20時) 食費1,042円

モデルケース③

東横インの無料朝食(9時)→快活CLUBのソフトクリーム(23時) 食費0円

モデルケース④

チキンカツロール(11時)→喜助牛タン特切り厚焼定食(17時) 食費2,473円

hitoban.hatenablog.jp

 

観光について

きっぷの期限には余裕があるので、こんなとんでもないきっぷの旅をやろうとしている移動オタクにとっては、牛の歩みで行程を進めても問題なくゴールできるだろう。

せっかく日本を隅々まで周るわけだから、自分の興味のある場所や行ってみたかった場所は積極的に訪れてみるべきである。

日本三景(松島・天橋立・宮島)、東尋坊、それから知覧(鹿児島県)の特攻平和会館は、あまり観光に興味のない私でも訪れるべき観光地だと思ったので、おすすめ。

(宮島についてはここ最近改修工事をしているので、残念観光地のひとつになっている)

f:id:fnwr:20220321143439j:image
f:id:fnwr:20220321143443j:image
f:id:fnwr:20220321143435j:image

あくまで個人的なおすすめではあるが、有名観光地や温泉地は人が多すぎるし、入場料とられるしであまりゆっくりできない。

現地で観光パンフレットを見たり、事前に地図を見て山奥の景勝地を見つけるなりして、人気(にんき・ひとけ)のないスポットを見つけておくとよいだろう。

特に温泉でゆっくりしたい場合は、誰でも知っているような温泉地はダメだ。人が多いのでどこの温泉も塩素消毒・加温循環でくつろげない。

初めて聞いたようなひなびた温泉地に行くと、外湯も源泉かけ流しだったりするのですばらしい。たいてい地元のおじさんしか人はいないので、おしゃべりに花が咲くことだって往々にしてある。

 

後悔

もっと下車印をもらっておけばよかった

きっぷの性質上、駅員さんに「なにこれ...?」みたいな反応をされることもあれば、「最長片道切符ですね」みたいな反応をされることもある。

特に「なにこれ...?」みたいな反応の駅員さんの場合は、きっぷを見せただけでは何の処理をしたらいいか分からず困惑してしまうようなこともあった。

その場合は、「下車印を頂けますか」と申告して、下車印を捺してもらうとスムーズである。駅員さんも、こいつ途中下車したいんだな、ということがはっきりわかる。

きっぷを普通にみせるだけで、経路や期限を確認せず改札を通してくれる駅員さんにも、少々面倒だが下車印を捺してもらうように頼むのがよいと思う。

下車印は単純に記念になるので、多く捺されていて損はないだろう。私はいちいち下車印をもらうのを面倒がった結果、最終的に押印されている下車印が少なくなって後悔した。

 

東日本をもっと観光すればよかった

今回は序盤急ぎ足になってしまったので、東日本を観光する時間を全くとらなかった。

しかしきっぷの有効期限は充分にあるので、東日本を観光する時間もあったなと後になって思う。

しかしながら東日本は厳冬期であり雪深いので、私が履いていた普通の運動靴で観光ができたのかどうかについてはわからない。

 

8時間以上もつワイヤレスイヤホンがあるとよかった

カプセルホテルやドミトリーでは音を出すことができないので、バイブアラームやイヤホンアラームを使って目を覚ますことになる。

特にバイブアラームの恐怖感はかなりある。スマホが寝床の中でヴーヴーヴーと震えていたって、気付くわけがないではないか。

その恐怖感からか、バイブアラームを設定しているときはだいたい設定した時間くらいに自然に目が覚めるので結果としてあまり問題はなかったが、、、

ということで、8時間以上バッテリーが持つワイヤレスイヤホンが1つあると、イヤホンでアラームがかけられて安心である。

私の持って行ったAirPods Pro君は、何も音楽などをかけていなくてもバッテリーが3時間くらいで切れてしまうので、睡眠時はあまり使い物にならなかった。

 

部屋干しをするな

部屋干しをすると衣類が臭くなるので、洗濯のときは乾燥機代をケチらずに乾燥機を使おう。

 

最長片道切符関連記事:

前半の感想↓

hitoban.hatenablog.jp

 

後半の感想↓

hitoban.hatenablog.jp

 

ごはんの画像(飯テロ注意)↓

hitoban.hatenablog.jp

 

 

 

法政大学新一年生に向けたお役立ちFAQ

生協には入った方がいいの?

単純に入った方がいいでしょう。

てか入らない理由があんまりないと思います。

生協への出資金は卒業時に返還されるため、実質無料で生協のサービスを受けることができます。

一口いくらとか書いてあるやつは任意です。

 

7日からの授業にはどうやって参加するの?

前日までにHoppiiで「仮登録」をして参加します。

仮登録は気になる授業を重複関係なく登録しておくと良いです(仮なので)。

本登録するかどうかは受けてみて決めることができます、そのための仮登録期間です。

合わなかったら登録を削除しておけばいいだけです。

前日締め切り間際にはHoppiiやシラバスが混雑してサーバーダウンしますので(例年らしい)、

作業は早めに済ませてしまうのを強くお勧めします。

教科書は授業が始まるまで買わなくて大丈夫、必要になってから買うので遅くありません。

教科書が指定されていても、全然教科書を使わずに進む授業もあります。

 

時間割が2つある

一つは学科の専門科目、もう一つは学部の教養科目です。(理工学部の場合)

専門科目はその学科の人でないと受けられません(例外あり)。

また必修授業や、コースやフィールド別の推奨授業が専門科目に当てはまります。

教養科目は学科関係なく、その学部の人なら誰でも受けることができます。

多くの授業が1年生に割り当てられていますが、高学年でも受けることができます。

要するにいつでも受けられるということね。

数ある授業の中には「自由科目」があります。 

これは出席してもテストをこなしても(数えられる)単位は出ません。

(数えられる)と書いたのは、履修条件や進級要件に関係しない単位だからです。

単位は普通に出ますし単位を落とすこともありえます。

え、じゃあ取っといてテストだけサボればいいじゃん と思ったそこのあなた 

授業は授業なので、自由科目でも単位を落とすとGPA(成績)に影響します。

GPAは授業の総単位数で計算するからです。

とったならちゃんと最後まで受け切る必要があります。

まぁ個人的に興味があるなら受ければいいです。

自由科目は単位制限の対象外なので、いくらでも受けることができます。

 

教科書は買ったほうがいい?

もう一度言いますが、授業が始まるまで教科書を買う必要はありません。

必要になったらその都度買えばOK

必修授業でも、教科書買わせるだけ買わせておいて授業で使わないなんてこともザラです。

(そういう場合、先生が書いた本なので先生に印税が入るだけ)

私の場合、教科書は計5冊買ったけど今のところまともに使ってるの1冊だけなので、必要になってから買うので全然遅くないと思います。

 

おすすめの数学と物理の参考書を教えて

数学と物理は指定の教科書がとてもわかりやすいとは言えないです。

なので参考書や演習問題集を別で買ったほうがいいでしょう。

色々とありますがハズレがないのはマセマかな。

 

色々な範囲をカバーしており、有名なのでおすすめです。

でかい本屋にいけばいろいろな本があります。小さい本屋には高校までの参考書しかありません。

 

1年次は必修だけで進級要件を満たすのか?

完全には満たしませんが、ほとんど満たします(理工学部の場合)

単位は早めに取っておいたほうがいいらしいので、割と埋めちゃっていいと思います。

その方が安心だし

 

必修は一個でも落としたら留年?

進級要件を満たしていれば必修を落としても進級できます。

ただし必修なので、下の学年に混ざってもう一度履修し直さなければなりません。

必修授業の単位を全て取らないと卒業はできません。

 

規定の単位数以上は取れる?

そもそも取れません(システム上で登録不可)。

どうしても受けたい授業があったら個別で先生にアポ取ったら融通利かせてくれる、みたいなことはあるかもしれないけど。

いわゆるモグリというやつです。

裏技として、Hoppiiに仮登録だけしておいて、履修登録せずに授業の情報を受け取る、ということができますが、

オンライン授業に限定されるし、限りなくブラックなので、おすすめはしません(摘発されても文句言えない)。

Hoppiiは先生側が学生が資料をどれだけダウンロードしたかとかを学籍番号まで追跡することができます。

そのため履修登録せずに資料を受け取るとそれが一応教授っちにわかるようになっています。

 

「学習支援システム(Hoppii)」と「情報ポータル」は何が違う?

学習支援システム=Hoppii→授業や大学からの連絡、課題などのやり取りはここで行われます。

情報ポータル→授業の(本)登録、登録削除、抽選などを行います。

情報ポータルとHoppiiは連携されているので、情報ポータルから登録した授業を削除するとHoppiiにも反映されます。

 

同名の授業が複数あるが、履修した後に別の学期や学年でもう一度受講することはできる?

できません。

担当の先生や内容が異なっている場合でもできません。

どの授業を受講するか仮登録期間中に吟味して決めます。

 

シラバスに授業を入力しても出ない

Webシラバスポンコツです。

授業コードで検索してみてください。

分類のところが間違っていませんか?理工学部の場合、「理工学部」なのか、「理工学部生命科学強要教養科目」なのか

分類が違っていても出ません。

 

Hoppiiに入れない

Hoppiiは雑魚なので、同時に1500人しか接続できないらしいです。

幣学には1万人以上の学生がいます。

どんまい

 

時間割の組み方がわからない

STEP1 時間割アプリをダウンロードするか、Excelスプレッドシート、紙などで表を作成します

STEP2 自分の所属している学科の時間割を見て、必修のように見える科目を全て時間割に書き入れます

STEP3 「履修の手引き」の自分の所属している学科のページを見て、必修ではない授業を削除します(これで必修授業だけをまとめた時間割ができました)

STEP4 自分の所属している学科の時間割と教養の時間割(別)を見て、必修以外の受けたい授業の授業コードをWebシラバスにぶち込みます

STEP5 シラバスの内容を見て、受講するか否かを判断します 迷ったらとりあえず仮登録してしまえばいいです。

STEP6 STEP4~5を繰り返します

STEP7 時間割がある程度できたら、履修の条件を確認しましょう どの分野の授業を何単位以上取らなければいけない、など学部によって細かく規定があります

情報ポータルでの登録が正常に完了すれば履修要件は満たしたと考えていいでしょう。

 

時間割ができたら、Hoppiiが混まないうちに仮登録してしまいましょう。(仮登録はHoppiiでやる)

Hoppiiは締め切り日の夜に必ず鯖落ちします。

 必ず鯖落ちします。

大事なことなので2回言いました。

ご注意ください。

 

パソコンを買う必要はある?

文系の皆さんは貸与がないので、1台買うといいでしょう。

理系の皆さんは貸与パソコンがあるので、買う必要はありません。

弊学の理系学部はパソコンが全員に無償で貸与されます。

パソコンにうるさい奴らはスペックが低いとかヤイヤイ騒ぎますが、必要十分なので安心してください。

iPadが一台あるとめちゃくちゃ便利なので、パソコン買うお金があったらiPadを買うのが個人的なおすすめです。

 

文系の人ならiPadだけでも当分はなんとかなると思います。めんどいけど。

パソコンとiPadの2台持ちが最強です。

 

どんなパソコンを買えばいいのかわからない

まずWindowsMacですが、まぁどっちでもいいです。

どうせレポート作成とネットサーフィンしかしないでしょ。

でもどっちでもいいと言われると逆に困りますよね。

個人的にはWindowsがおすすめです。たまにMacでは動かせないソフトがあるので。

Macのいいところはブランド力です。スタバでドヤれるのもまぁそうなんだけど、

Appleの「Mac」をとりあえず買っとけばとりあえず安心みたいな。スペックやら色々を考えなくていいのが初心者向きっちゃ初心者かも。

WindowsにするならSurface Laptop4かLaptop GO、Macにするなら1番新しいMacBook Airがとりあえずおすすめです。

www.microsoft.com

www.microsoft.com

www.apple.com

Surfaceが壊れやすいとかいうパソコンオタク!わかってんだそんなことは!)

MacAppleの教職員・学生向けページから買うとかなり安く買えます。中古で買うより学割つけて新品で買った方が安いこともあるのでチェックしてみてください。

 

あとOfficeは大学がライセンスをくれるので必要ありません。

Officeつきモデルとなしモデルがあったら「なし」でいいです。

それから量販店でパソコンを買うと必ずと言っていいほどウイルスソフトの同時購入を勧められますが、これも必要ありません。

 

Hoppiiがゴミすぎてイライラする

それはそう

 

 

 

 

成績発表@芦原温泉

2月1日から最長片道切符で旅行をしています。

1日に稚内から初めて、28日夜現在では東舞鶴にいます。

2月の月記は最長片道切符旅行を振り返ります。

旅費とかルートとかはまた別で記事をつくります。あとYouTubeにあげようと思って、動画も撮りながら旅行しています。

 

これが結構むずかしい。動画撮りながら旅行しているので旅行を100%楽しむことかできない。「あここ綺麗!動画撮らなきゃ!」みたいな。撮りたくもない動画を撮る手間が増えてしまう。

あとYouTuberってめちゃくちゃハキハキ喋ってんだな、ということがわかりました。動画編集も下調べもダルい。めんどくさい。

YouTuberにはなりたくないね。

 

大雪で4日足止め@札幌

仕事を片付けるとかいって札幌に2連泊したばっかりに大雪に降られ、足止めをくらって結果4連泊することになりました。

過去最大規模のとんでもない大雪だったらしい。

f:id:fnwr:20220228184559j:image
f:id:fnwr:20220228184552j:image
f:id:fnwr:20220228184555j:image

しかも4連泊もしたのに、あまり仕事に身が入らず大して仕事は片付かなかった。

札幌はホテル安いし、ドンキもあるので滞在中はお金をセーブしつつも快適に過ごせました。

 

聖地巡礼@仙台

はじめて聖地巡礼というものをしました。

f:id:fnwr:20220228184035j:image
f:id:fnwr:20220228184032j:image
f:id:fnwr:20220228184042j:image
f:id:fnwr:20220228184039j:image

アニメで見た絵を実際に見てみると(おぉー)となりますね。

(おぉー)以上の感情はない。

WUGは聖地が多すぎるのでガチでやろうとすると2~3日はかかると思います。

 

ラブホ東横イン@福島

福島の東横インは壁が薄いのか、となりで楽しそうなことやってる声が筒抜けでした。

おまけに振動までこっちの部屋に伝わってきます。相当激しくやっていたようです。

しかもまぁ悪口になってしまいますがかなり偏差値の低そうな喘ぎ声でした。、

壁に立てかけてたiPadが倒れてました。

「そこヤバいっ…♡」

ヤバいのはこっちだ。

 

魚民のハラミステーキ@上越妙高

上越妙高はリメイクした新幹線駅にはめずらしく、ホテルがあって大戸屋と魚民があってコンビニがあって、食い物には困りません。

大戸屋にしようと思っていたのですが魚民さんで熱々ジューシーハラミステーキ150gが400円だというのでそれにつられてしまいました。

f:id:fnwr:20220228190404j:image

入ってから思い出したのですが、魚民は居酒屋です。お通しとワンドリンクのほうがハラミステーキより高い。なんでなんだよ。(いや居酒屋ってそんなもんだろ)

そんで肝心のハラミステーキもそんなに熱々じゃないしあまり美味しくないときてる。

もう居酒屋には入りません。

 

時短営業やめてくれ@和歌山

何回か時短営業には泣かされてきました。

Googleマップに書いてある時間通りに行ったら、1時間後の開店だった。

その逆。1時間前に閉店してた。

夜遅くに着くと吉野家しか開いてない。

で和歌山のCoCo壱はマンボーの影響でテイクアウトのみになっていました。

えー!?水ガブ飲みできると思ったからCoCo壱入ったのに!

 

宿まで徒歩20分だから宿まで歩いたらカレーが冷めてしまう。

冷めたカレーは嫌だ‼️

ということで、弁当で受け取ったカレーを店の前のベンチに座って食いました。

あまりにも馬鹿げています。

開店時間短くして、なんで感染リスクが減るのか教えてほしい。なんで。

オミクロン君はもはやただの風邪と化したのに、まだ感染がどうとか言ってる理由を教えてほしい。なんで。

普段は外に出ないし外食もしないのでクソさに気づきませんでしたが、時短営業はホントクソです。なんとかしてくれ。

 

成績発表@芦原温泉

数物系がほぼC-で、ギリッギリフル単でした。

芦原温泉の駅前でスマホ片手に、ひとり狂喜乱舞しておりました。

フル単の称号だけは手に入れられたので、よかったです。

フル単祝いで東尋坊でなんか美味しいもの食べたいと思います。

f:id:fnwr:20220228185642j:image

ねぎとろ少な!高いのに!

観光地だからしかたないけど!

 

来年度はちゃんと物理やるんですよ(n回目│ n ≧ 1, n ∈ ℝ)