ひとばん寝かせたカレーはとてもおいしい

Twitterに載っけられない長文置き場

4月に見たアニメ

Amazon  Prime  Studentに入ってPrime Videoが見放題になったので、dアニメストアを今月で解約することにしました。

そのために、dアニでしか見られない作品を見切ろうと4月はかなり頑張ってアニメを見ました(当社比)

でもアニメ見るの得意じゃないので、どう頑張っても1日に4話以上は見られません。

 

ToLOVEる

誰かにオススメされたので見たのですが、ただのエロアニメじゃん。誰ですかこれオススメしたの。

結構下品なエロアニメだと思います。下品というのは表現が性的にはしたないということではなくて、事あるごとにパンツ描写があったり、毎話毎話回想シーンで準エロシーンが挿入されたり、別にしなくてもいいところでM字開脚していたりなど。気品がないというか。パンツ見せとけばいいだろ感があるというか。

そうじゃないんだよね。見えそうだけど見えないものが見えたという偶然性がいいのであって。見せつけられるものじゃないんだよね。「見えない」「見てはいけない」の積み重ねのもとに、パンツをはじめ下着チラリズムが成立するのであって。アニメのパンツ描写にも同じことがいえると思います。これ見よがしに見せつけるのではなくて、エロシーンとか関係ないところでサラッと描写がある方が、興奮するものなんですよ。

ストーリーはよくわからなかった。

 

灼熱の卓球娘

わかる人はなぜ見たか大体察せられると思うのですが、まぁそうだよね。灼熱スイッチだからですよね。あと今村彩夏さんが出てるね。

これも男の子1人も出てこない系のアニメなので、話は全然面白くなかったです。キャラはいいですが。あと花守ゆみりさんの声かわいい。

男の子いないと緊張感なくてだめなんだよね。「あー次回気になる!!!!」とならなくて。

一応見切ったので、灼熱スイッチも僕らのフロンティアもまた違った視点で聴けるようになりました。アニメタイアップというだけでこういう良さがあるので、つまらないアニメも頑張って見ないといけないんだよね。

 

進撃!巨人中学校

進撃の巨人のオマージュ作品。本編に比べるとゆるめの作画に、原作ネタも各所に盛り込まれて結構おもしろかったです。

この作画で本編もやってほしいな。一回。

 

進撃の巨人 The Final Season 

ようやく今期のアニメに追いつきました。3期は調査兵団一行が海に到達したシーンで終わったけど、Final Seasonでは唐突に戦争のシーンからはじまり、マーレでの描写が続きましたね。エレンたち主要メンバーが出てくるまでは結構時間がかかりました。

前シーズンまでの進撃は話が明快でわかりやすくバカの私でも入り込めましたが、Final Seasonは話が難しく、前シーズンに比べるとあまり入り込めなかったかな。きちんと理解している人なら次回が気になって仕方がないんだろうけど、理解がいまいちだと(お、おう...。)みたいな感じで毎話毎話が終わってしまうね。

 

恋愛暴君(1話切り)

こちらはOpが「恋で愛で暴君です」なので見てみました。中身はよくわからないけど、ああよっぴこんな演技できるんだなって感じ。そりゃできるか。

流石に最終話まで完走できる気はしないので、さっさと1話で切ってしまいました。

 

デスマーチからはじまる異世界協奏曲(1話切り)

こちらはOpがRGRの「スライドライド」で、Edがあの魔曲「スキノスキル」であります。完全に見るアニメアニソンで決めてるよね。

こちらも最終話まで完走できる自信がなかったので、1話で切ってしまいました。

 

Wake Up, Girls!新章

WUG新章いつからdアニに入ってた?全然気づかなかった。Wake Up, Girls!って検索すると出てこないのに、キャスト名で検索したら出てきた。

てかキャスト名で検索したら劇場版の7人のアイドルとBtBも出てきたんですけど。Zooも出てきたんだけど。どういうこと。円盤買っちまったんだけど。なんで普通にWUGって入れたら出てこないのよ。通りで円盤メルカリで売れないわけだ

WUGはアニメは面白いと思って見ていないので内容はまぁどうでもいいです。世間的には新章は酷評。特にアニメの絵が動かなさすぎてヤバいらしい。けどそこまで不自然さは感じませんでした。丹下社長(cv.日髙のり子)が中々タバコに火がつかなかったり、太田さん(cv.下野紘)の絵が出ずにガストの建物の一枚絵でセリフがあったりしたところは若干不自然だったけど、そんなもんかな。

新章はPolarisのお話なんだね。Polarisの歌詞に「ずっと先のなん億光年も 輝ける思い出のように」というフレーズがあるのですが、

ここの光年って時間(年月)のこと言ってる...?だとしたら間違ってるよな…

とずっと思っていたところ、11話で島田真夢(cv.吉岡茉祐)さんが、「星には超新星という最期の状態があって、爆発して光り輝くんだよ」と、「超新星爆発」について言及したではありませんか。

おま超新星爆発知ってんのかよ...なら光年間違えんなし...

と思いましたね。(光年は距離の単位)

いやしかし、これは本来距離である光年という単位を時間の単位にすることで、物理的にも時間的にも遠いということを示しているのだろうか?

そういう深い意味があってあえて間違えているのか?

でも光年って間違えやすいしな...

真相は作詞の吉岡茉祐さんのみぞ知る、ということになります。

あとランガちゃんを無理やり入れた感がすごい。しょうがないけどランガちゃん達、今回の話に関係あった?

 

 

文系と理系

4月の所見です。毎月月末に書きます。

 

 

コロナ禍と大学生

今年から大学生の私たちは、コロナ禍の影響をもろに受けています。入学式は3部制での開催となり、授業が始まるまでに大学のキャンパスに行ったのは2回だったかな。去年の新入生は結局1年間で1回もキャンパスに行けていない場合もあるようで、これでも去年と比べたらいい方なのかなと思います。

私は家から出なくていいので楽でいいですが、ウェイ系の子は大変かも。

友達づくり

えー友達は、今のところできていません。恐らく今後もできることはないでしょう。

高校時代の狭い付き合いの中で、なんとかやっている状態。できてはいませんがいるにはいるので、全くいないよりはマシだと思います。

大学生活において、友達の存在は必要不可欠です。どこかの授業で、「友達がいないことから学業に支障が出て、不登校になってしまう学生も少なくない」とか言っていましたが、友達がいないと学業に支障が出るという日本の学校のシステムは、何とかならないものか。そんなこと憂いても仕方がないんだけど。

高校時代までは、自分のプライベートタイム(登下校・昼食・オフの日)を割かなくても、普通に学校生活を送っているだけで強制的に人と接するので、自然とそれなりに友達ができます。

しかしながら、大学は、そもそも対面授業が少ない(週一回)上に、授業の座席が自由席なので、強制的に人と接する機会は見込めません。サークルに入るやら、アルバイトをするやらして、自分のプライベートタイムを積極的に友達付き合いに割かなければ、友達をつくることはできません。

というか、普通の人ならば、プライベートタイムが友達付き合いのために消化されることは考えるまでもないごくあたりまえのことで、友達付き合いに時間を”割く”という発想が、そもそもないんじゃないかと思いますが。

Twitterで知った子と入学式に一緒に参加しようが、ガイダンスの日に一緒に履修登録をやろうが、その付き合いが持続されなければ友達にはなりえません。一回きりの共同行動はお見合いのようなもので、関係とは継続的な共同行動によって成り立つのです。

と考えたら、一回きりのお話で友達なんかできねーや!となって、友達作りはすっぽり放棄することになりました。

今までプライベートタイムを友達付き合いのために一切割いてこなかった私には、これはあまりに酷な話です。まぁそのうちゼミに入ったら友達できるだろうから、それほど心配はしていません。

履修登録

誰もが口を揃えて面倒くさいというのが「履修登録」というものです。これは確かに面倒くさい。システムや条件が複雑。こんなめんどくさいこと、させてくれるなよ。

従来の大学生は多分紙ベースでやったものを窓口に提出したんじゃないかと思いますが、私たちはすべてオンラインで行いました。そのWebシステムが締め切り間際に鯖落ちして、大変でした。みんな死んでました。

サークル

我がキャンパスのサークルは、ちょっと微妙です。他のキャンパスのサークルも見てみて、鉄道研究会、声優研究会、ピアノ同好会、交響楽団吹奏楽部)、あとインカレの口笛サークルに興味を持ちましたが、

鉄道研究会→余所行きは絶対一人がいい

声優研究会→オタサーやん 眼鏡の度が強くなりそう

ピアノ同好会→ピアノは自分のペースでやりたい

交響楽団→練習がめんどくさそう

口笛サークル→合宿やだ

という理由で全ボツ。合宿やだって、それじゃどのサークルにも入れないけど!!?どうやら社会のシステムに向いてないみたいです。

授業

対面実施ができるようになって喜んでいた学生もいたようですが、意外と、というかほとんどオンライン授業です。残念だったね。対面授業は私は週に一回ですが、取っている授業によってはもっと多い場合もあるようです。

もう授業はオンラインでも対面と遜色ないレベルのものが受けられるようになっているので、私は一向にオンラインで構いません。むしろオンラインの方がメールで気軽に質問できるので、いいかもしれない。いや、いいです。

理系のくせに理科と数学できないちゃんなので大学での数学と物理をとても心配していましたが、物理は力学のりの字から始めてくれるので、今のところは大丈夫。今のところは。

対して数学は特に微積が何言ってるかわかりませんが、これは多分、ちゃんとやっててもわかんないやつだと思われます。今までやってきた数学は理論にいろいろと穴があったところを、数学オタクたる大学教授の先生がどんな状態にも当てはまる完璧な理論を説明しているような、そんな感じ。抜け目のない理論なので色々と細かい条件がついてきて、そこがちんぷんかんぷんです。

大学の先生は研究者なので、わかりやすい説明や授業を求めてはいけません。自力で学び、質問し、学びを深める。授業は先生の独り言。我々はその独り言を、高いお金を払って聴いている。先生はそのお金で研究する。大学はそういう場所です。

それから問題の演習量は高校と比べて圧倒的に少なくなりました。今は大丈夫だけれども、今後もそうかは一切不明。多分だいじょばないと思われる。

文系と理系

世の中には、4種類の人間がいると思われます。

  1. 小学館の図鑑NeoやNewtonに全く興味を示さない人間。
  2. 小学館の図鑑NeoやNewtonを手に取って、読む人間。
  3. 小学館の図鑑NeoやNewtonを読むのが好きで、読み通す人間。
  4. 小学館の図鑑NeoやNewtonを読み通し、とりわけある一節だけを熱心に読み込んだり、計算をはじめたりする人間。

多くの人は1つ目に当てはまります。そもそも学問に興味がない。学ぼうとしない。勉強なんてまっぴらごめんだという人。自分の意見もなく、ただメディアに踊らされる、多くの日本国民であります。

2つ目の人、こちらは文系の方々であります。人文系に興味があって、理科にはあまり興味がない人たち。人文系も、Newtonみたいな一般向けの研究雑誌みたいなのがあるといいのにね。ないのかな。

そして3とんで4つ目に当てはまる人間は、言わずもがな理系の人たちです。計算志向、研究志向の人。いるんですよ。なんでも計算したい人。

では、3つ目の人は、なんと呼んだらいいのでしょうか。理科に興味はあるけど、計算はしたくない、あるいは苦手。それから人文系にも興味がある、みたいな、理系にも文系にも分類できないような人達。これをある人は「ネオ理系」と呼んでいましたが、そもそもこいつらは「理系」なのか?

結論から申し上げますと、3つ目の人たちは「文系」です。

 

文系学部の理系授業の資料をお取り寄せして見てみたところ、理科の面白いところだけをかいつまんで取り上げている印象がありました。これはまさしく「小学館の図鑑Neo」そして「Newton」です。

対して理系学部の理系の授業では、なんでもかんでも数値化して、計算し、定義し、解を求めようとします。それが理学の基本的な姿勢ですが、計算嫌いにとってはなかなかしんどい。理科が好きだから理系学部に来てみたものの、私の好きな理科は、その表層であるにすぎなかったのです。

ということで、3つ目に当てはまる人は、理科という学問が好きな理系の顔をしておきながら、理科の学問の表層の甘い汁だけをなめて満足している文系なのでありました。

そして私は、この3番目に属する人間なので、いま絶賛苦労中です。文系の勉強は本を読んでいれば自分でできることがほとんどなので、あえて今から文系の学部に転部しようという気は(今のところ)ありません。しかし、そういう人間が理系学部に入ると、「あれ...?俺って理科好きなんだよね...?」とギャップに苦労する、というのは申し上げておきたいことです。

今のところ理系に進学してよかったことは、自らの理数能力や成績を棚に上げて文系の学生を「楽でいいなあ!」とか「学生の本分を忘れて営み事ばかりしている!」とか嘲って非難できることしかありません。 みっともないのでやめたほうがいいと思います。

 

果たして進級できるのでしょうか。今後も頑張ります。

卒業旅行?(まとめ)

1日目(東京→新潟)

hitoban.hatenablog.jp

2日目(新潟→青森)

hitoban.hatenablog.jp
3日目(青森→旭川
hitoban.hatenablog.jp

hitoban.hatenablog.jp

4日目(旭川東釧路

hitoban.hatenablog.jp

5日目(東釧路→帯広)

hitoban.hatenablog.jp

6日目(帯広→札幌)

hitoban.hatenablog.jp

7日目(札幌→東京)

hitoban.hatenablog.jp

 総旅費 ¥55,611

卒業旅行?(7日目)

3/27 北海道東日本パス旅行の7日目です。

前の記事

 

hitoban.hatenablog.jp

 

特快エアポート:新千歳空港行(札幌802→新千歳空港837)

快活CLUBいいわ

2時まで漫画読んで寝ようと思っていましたが結局寝られず、5時に寝て5時半に起きてまた漫画読んでました。それが声優!、うみべの女の子、五等分の花嫁、進撃の巨人完読しました。

釧路では食べられなかったモーニング(食パンとフライドポテト食べ放題)も食べられました。これもありがたい。これでシャワーも無料で1,700円なので、もうホテル泊まれないです。

 

peach:MM568(新千歳空港1030→成田空港1215)

急遽取ったので運賃が北海道東日本パスより高くついてしまったのが非常に悔しい。まぁそれでも14,360円なので新幹線より断然安いんですけど。これは新幹線勝てないよ。

格安航空会社というのに初めて乗りました。安いので文句は言えませんがシートピッチがめちゃくちゃ狭くて椅子がリクライニングしないのには少し驚きました。さらに面白いのはシートピッチキッツキツの満席のくせにコロナ対策のためにお客様同士1mの間隔を空けておかけ下さるようお願いされたところ。いや無理やろ。

身動き取れず1時間半ほどのフライトでした。お世辞にも快適とは言えませんでしたが、空いてたらもうちょいマシかも。今日は運の悪いことに土曜日なのでこうなってしまいまったのもあるかと思います。

初めから襟裳岬に行くと決めていれば、今回の行程を北海道内で逆回りにすれば(多分)飛行機使わずに済んだので、それも悔しいです。何事も経験ですね。次に活かします。

f:id:fnwr:20210405145706j:plain

でっかいどう

普通:久里浜行(成田空港1233→成田1248)

この後は銚子に行くことにしました。銚子は休日おでかけパスのエリア外で、中々行く機会がないので。

成田空港でもう少しゆっくりしておけばよかったです。銚子行きとの接続で地味に待たされる。成田なんもないなァオイ

普通:銚子行(成田1341→銚子1457)

やっぱ関東ツマンネー!!!!ダメです。

銚子駅には駅ピアノがありましたが、地元のおじいさんが椅子として占拠していました。小さな女の子が弾いた後に、そのまま私も弾かせてもらいました。楽しかったです。ストリートピアノは音がよく響いてとてもいいですね。

銚子駅は醤油の蔵をイメージしたような木造りの駅舎ですごくオシャレなのですが、銚子駅前には割と何もないです。銚子電鉄で犬吠まで行ってナンボのところなんでしょう。

今回は銚子電鉄はあまり興味がないので、銚電には悪いけどそのまま折り返して帰りました。

はー、明日から物理やりますよ

普通:千葉行(銚子1546→千葉1736)

北海道と比べたらなんと味気のないことか。虚無です。

千葉駅ははじめて来ました。めちゃくちゃデカいですね。千葉のくせに

千葉のロフトでトラベラーズノートを物色しました。

今回の旅でお世話になった手帳(トラベラーズノート)はこれ。

 

メルカリで1500円で買ったものです。トラベラーズノート、これいいんですよ。旅行中は何かとメモを取ることが多いので、メモできるものはいつも持っているのですが、トラベラーズノートのパスポートサイズは青春18きっぷのような横に長い切符もピッタリ収納できます。前の持ち主の方が10年前に買ったものをメルカリでお譲りいただきました。大事にお手入れされていたようで、ブラウンの色がいい感じに濃くなっています。

で、この手帳を今回の旅で使ってみて、ろくに手入れなんてしないくせに「やっぱりイチから革を育ててみたい」と思ってしまいました。それで新しく新品を買おうと思ってロフトに行って、店頭に並んでいるサンプルを見ると、これがあんまり好きな色になっていないのです。「じゃあこのままでいいか」ということで、この手帳を今後も使っていくことを決定したのでありました。(何の話)

普通:東京行(千葉1821→東京1901)

東京駅では、ラーメンストリートの「俺式 純」でつけ麺をいただきました。

(写真撮るの忘れた)

俺式純は東京を散策するという中学の時の行事で、お昼に入った東京駅地下街にあるラーメン屋さんです。それまで豚骨ラーメンをなんとなく食わず嫌いしていた私は、ここの豚骨つけ麺に感動しました。「こんなにおいしい豚骨があるのか!!」と。

今となっては色々なお店で色々ラーメンを食べてみて、俺式純はまぁ普通くらいのラーメン屋さんなんだなということがわかったのですが、それでも初めて食べたときの味が忘れられず、東京駅に行くたびに食べています。

俺式純のいいところは、空いているところです。だいたい隣の六厘舎とかは列ができているのですが、俺式純はいつも空いていてすぐ入れます。まぁ六厘舎はおいしいよね。並ぶのが嫌いだから1回しか食べたことないけど。

食ったらおうちに帰りました。これでおわりです。

 

 

卒業旅行?(6日目)

3/26 北海道東日本パス旅行の6日目です。

前の記事

 

hitoban.hatenablog.jp

 

十勝バス:広尾行(帯広BT715→広尾937)

いや、ホテルヌプカめちゃくちゃ良かったです。今度は人が来てる時に泊まってみたい。ネットカフェ入れなくてよかったかもしれません。朝シャワーもいただけました。

帯広からは国鉄広尾線跡沿いを広尾まで行きます。なぜか昨日書いたブログが消えていたので書き直していました。めんどくさ。

バス運賃は2000円近くします。高い…痛い…

広尾は鉄道公園みたいなものがありました。バス待合所内には本棚があってたくさんの小説が置いてありました。山田悠介の「スイッチを押すとき」がありました。懐かしい。

f:id:fnwr:20210331122758j:plain

広尾鉄道公園

JRバス:様似営業所行(広尾1000→えりも岬1057)

広尾からは襟裳岬までまたバスです。ここでも1500円くらいとられます。様似までもまたそれくらいかかるので、行くだけで5000円以上かかってしまうんですね。たまげたなあ。

 

f:id:fnwr:20210331122745j:plain

原野を走る

入場料5000円の襟裳岬はこんな感じでした。

 

f:id:fnwr:20210331123001j:plain

霧で何も見えない

というのも襟裳岬は沖合で暖流と寒流がぶつかる地点なので、1年のうち1/3は濃い霧がかかっています。霧の名所です。

f:id:fnwr:20210331123100j:plain

覗き込むとうっすらと海が見えます

なのでこれは仕方ありません。多分晴れてたら相当綺麗なんだというのは想像できますが、1/3の確率で霧がかかって何も見えないのは承知しておいたほうがいいですね。

ちょっと時間があったので展示館兼展望台的な「風の館」に入りました。展示は主にアザラシのこと。襟裳岬は数少ないアザラシの定住地です。天気がいい日には大量のアザラシが日向ぼっこしている姿がみられるらしい。

濃霧の日はリーフレットにスタンプが押されて、このリーフレットを持参すれば1年以内なら無料で入場できるようです。といっても特に日付とかは書いてないのでまぁ、そこら辺はゆるくやっているのでしょう。

またいつか来たいと思います。

JRバス:様似営業所行(えりも岬1248→様似駅1341)

ちょっと寝ました。

様似でも濃い霧がかかっていました。

様似駅の画像

様似駅

もう列車が来ることはない

日高本線鵜川〜様似間は今年3月で廃線になります。廃線といっても6年前に高波で線路がやられてバス代行輸送区間だったところが書類上廃止になるということなので、今と変わることはそんなにありません。むしろ苫小牧〜襟裳が直通で結ばれて特急バスが走るようになるということで、便利になるのではないでしょうか。

しかし廃線廃線です。あと数日で駅が駅でなく単なる建物になってしまうのですから、寂しいものです。同じ思いを持った多くの大きいお友達鉄道ファンが、駅を訪れていました。

 

日高線代行バス:静内行(様似1550→静内1744)

夕焼けの画像

バス車内から

乗ってから気づいたんだけど様似駅の駅スタンプ押すの忘れた。後で押しとこと思ったら押しそびれた。

線路跡に沿いながら走ります。確かに日高本線、海岸にめちゃくちゃ近いところを走っています。というかほぼ海岸走ってるようなもんです。線路が海岸の砂で埋もれてしまっている部分もありました。

海に近いところを走る地方交通線はたくさんあります。高波・台風・津波などの被害は避けられないと思いますが、被災した後必ず復旧される保証は果たしてあるのでしょうか。特に昨日乗った根室本線なんかは、釧路から先はかなり海岸沿いを走るので、高波や津波の被害が心配です。もし被災したら、復旧される保証はありません。そうでなくても廃線案が出ているような状況です。新得〜東鹿越間は台風被害で不通になってから復旧の目処がたっていないように、災害によって廃線となる線路も今後増えるんじゃないかなと思います。乗り鉄としては寂しいですが。

静内から様似は見た感じは、普通に運行再開できそうな感じでした。線路脇に茂ってる草は狩る必要がありますが。恐らく鵡川〜静内の間の線路がやられてしまって、静内より先は運行できないんだと思います。

静内駅ホーム

静内駅

日高線代行バス:鵡川行(静内1808→鵡川1938)

もう外は暗くてよくわからないので、諦めて落としといた動画で物理のお勉強しました。

普通:苫小牧行(鵡川1958→苫小牧2026)

最後だから美味い寿司食いてえー!!と思ってました

苫小牧でお寿司屋さんの暖簾をくぐりましたが、いっぱいでした。千歳までいけばあるだろうということで、千歳まで向かいます。

普通:札幌行(苫小牧2109→千歳2134)

千歳でまたお寿司屋さんの暖簾をくぐりました。今回はお客さんが2人いただけで、入れてもらえました。

1320円の握り"竹"をいただきました。もちろん味噌汁と茶碗蒸しもついています。

 

お寿司の画像

鮨正さんの「竹」

前のお客さん2人は若いお兄さんで、どうやら常連さんのようでした。色々他愛もない話をして盛り上がって、大将さんには2貫オマケをいただきました。

(一応まだ)高校生だと言ったらかなり驚いてました。そりゃそうだよね。高校生がこの時間に一人で寿司屋に来るなんてないもんね。注文もかなり手馴れていたように見えたそうです。

札幌行の終電の時刻が迫ってたので、慌ただしく出ることになってしまいました。もっといたかったなー。また来ます。

快速エアポート:札幌行(千歳2300→札幌2332)

札幌の快活CLUBは入れました。快活CLUBありがてえ

 

 

 

卒業旅行?(5日目)

3/25 北海道東日本パス旅行の5日目です。

前の記事

hitoban.hatenablog.jp

 

快速はなさき:根室行(東釧路5:40頃→根室800)

多分乗客全員鉄オタでした。

エゾシカがめちゃくちゃいました。急ブレーキがかかるとだいたいシカのせいです。大群も2,3回くらい見ました。

f:id:fnwr:20210331115329j:plain

f:id:fnwr:20210331115806j:plain

根釧台地を走ります

1枚目写真下に写ってるような、モリゾーとキッコロみたいな植物の名前、なんていうんでしょう。結構いっぱいあったんだけど。

f:id:fnwr:20210331115810j:plain

東に来ました

根室駅の画像

根室

花咲線はそう遠くない未来に廃止になってしまいそう。海っぺりを走る区間もあるし、そこが高波でやられたらもう復旧できないだろうね。

 

f:id:fnwr:20210331120219j:plain

めちゃくちゃお願いされてる

折り返し列車乗車のお客様が多いという客層を物語っていますよね。折り返し乗車するお客様なんて鉄オタしかいません。つまり地域の足としてはあまり機能していないということです。もうこのご時世、地方の鉄道に地域の足としての需要があることなんてほぼないけどね。

さんまのあたりめの画像

さんまのあたりめ

根室駅待合室の立ち売りでさんまのあたりめを購入しました。600円。

さんまのあたりめって珍しいね。高いけどせっかく根室まで来たのでね。

普通:釧路行(根室824→東釧路1049)

折り返し列車乗車のお客様です

また東釧路に戻ってきました。というのも快活CLUBの近くにハードオフがあったので、見てみたくて。今日は帯広まで行ければいいので、釧路では3時間くらいのんびりできます。

朝歩いた道をもう一度歩いて、ハードオフに向かいます。ハードオフは面白かったけど、収穫は特にありませんでした。

またひたすら歩いて、釧路駅まで40分歩きます。釧路駅で10秒だけ休憩して、駅から徒歩4分の和商市場まで朝ごはんを食べに行きました。現在午後1時。

和商市場は勝手丼(白ご飯を買って、お店で好きな刺身や切身を買って乗せていく丼)でおなじみの魚市場です。私も勝手丼にしようと思っていましたが、商店のおじさんのキャッチ&セールスにより、ホッケを食べることにしました。

「どこから来たの?」

「北海道には何の目的で?」

「やっぱ勝手丼食べにきました?」

「実はね、地元の人は勝手丼食べないんだよね、あまり大きい声じゃ言えないんだけど高いからさ」

「地元民はこういう干物を買って焼いてもらって食うんだよね」

「これはホッケなんだけど羅臼の真ホッケで、関東の輸入モノとは全然違う」

「私も大学が千葉にあって房総の色んな魚介食べたんだけど、ホッケとかサバはもう全然ダメで」

「貝とかはここにないでしょ、貝は向こう(関東)の方がおいしいんだよね」

「ホッケは11月から1月くらいが旬なんだけど、それから開いて干しあげると…」

「今なんだよね、だから今が一番美味しい」

「北海道の一番の思い出にしてもらうために、このホッケどうですか」

 

とこんな感じですごく営業が上手。特に最後、自分の利益ではなくて、顧客の利益のために仕向けるのが上手いなと思いました。いつもなら「もうちょっと見てから決めさせてください」とか言って振り切るところですが、お腹も空いていたし、別にホッケ嫌いじゃない(むしろ好き)なので乗ってみることにしました。

 

真ホッケの画像

真ホッケを焼いてもらった

買ったホッケの開きはまた別の店で焼いて定食にしていただきます。水はついてこないので別途購入。800+500+110(いろはす)で1410円。おじさん曰く、そこら辺の定食屋ではこのレベルのホッケを定食で食べたらイチキュッパとられるらしい。

味音痴なのでホッケの味までは分からなかったけど、いいホッケなのはすぐにわかりました。箸を入れると脂が溢れ出してくる。皮はしっかりしていて、噛み切るのに難儀するほど。とても美味しかったです。

しっかり焼いてもらえていたので大骨までガリガリと全部食べることができました。今日はこの1食で十分です。満足しました。

普通:帯広行(釧路1410→帯広1715)

満腹になると睡魔が襲ってきます。昨晩は満足に寝られていないので尚更。しかし、国鉄ボックスシートは足を伸ばして座っていると腰が痛くなってくるので、結果熟睡はできなかったかな。

尺別信号場

帯広駅前は無駄にホテルばっかりありますね。そのくせに商業施設はあんまりなくて、栄えてるのか栄えてないのかよくわからない。帯広は道南観光の拠点地だからなのかも。

帯広のネカフェ(joy-cafe)に近いのは次の柏林台駅なので、芽室行を待ちます。

普通:芽室行(帯広1752→柏林台1756)

柏林台から徒歩15分くらいでjoy-cafe帯広柏林台店に到着。早速入会手続を済ませさぁ入室!と思ったら、どうやらここは18歳でも高校生(3/31)までは夜は使えないらしく、やむなく退店するハメになりました。宿を失ったも同然です。

急遽帯広のホテルを検索し、破格の2800円があったのでそこを予約しました。もう一度帯広に戻ります。無駄足でした。

普通:帯広行(柏林台1856→帯広1902)

結局2時間ロスでホテルヌプカにチェックイン。2800円という破格の値段は、ドミトリー(相室)タイプだからみたいです。

 

めちゃくちゃ綺麗なドミトリー

いやでも2800円とは思えないくらい、めちゃくちゃ綺麗だけどね。トイレとシャワーは共同ですが、そっちも超綺麗。

別の建物にオシャレラウンジ

ドミトリー部屋は狭いので、広いラウンジまで別に用意されていました。インテリアはスタバでMacbookカタカタしてる人が好きそうな感じ。人がいるときにはここで作業しながらおしゃべりなどをして情報交換とか、親睦を深め合うのでしょうが、今日は私一人しかいませんでした。22時半まで物理の勉強をしました。マジで高校物理できなさすぎてヤバいです。

相室の人がいるかもしれないから挨拶しておこうと思って早めにドミトリーに戻りましたが、誰もいませんでした。その後も人が来ることはなかったので、ドミトリーは貸切で使うことができました。幸か不幸かわかりません。誰もいなかったので、目覚ましのアラームを音でかけられたり、独り言をブツクサ言ってもいいのは良かったです。

 

卒業旅行?(4日目)

3/24 北海道東日本パス旅行の4日目です。

前の記事

hitoban.hatenablog.jp

f:id:fnwr:20210331113047j:plain

塗装ハゲがひどい

旭川駅にて。キハ40やキハ183などは塗装ハゲがひどかったです。写真はまだいい方。屋外で動態保存されていたものをそのまま走らせているような感じの本当にボロッボロの183もいました。JR北海道の厳しい経営状況を物語っています。

普通:上川行(旭川919→上川1027)

旭川スーパーホテルは、朝食のミニッツメイドが果汁10%だった以外は快適でした。

f:id:fnwr:20210331113051j:plain

反射でまぶしい

外は一面銀世界で、車窓が眩しいです。

昨日来た仕事をスマホでやりました。

作業終了と同時に上川到着。

f:id:fnwr:20210331113058j:plain

f:id:fnwr:20210331113607j:plain

熊も飛沫対策ですか

普通:遠軽行(上川1110→遠軽1315頃)

f:id:fnwr:20210331113719j:plain

すっかりおなじみのキハ40

1241着の予定でしたが、レールの継ぎ目に異常が見つかったということで、約30分遅れで遠軽に到着。

車内ではこのあとの行程を考えていました。

普通:網走行(遠軽1320→網走1601)

乗ってきた車両がそのまま網走行になるようで、車内清掃を終えるとすぐに発車。(定時は1300)遠軽で用を足していたら、あわや置いていかれそうになりました。怖すぎ。

遠軽か網走でグミかなんか補給しようと思っていましたが、無理そうだね。しょうがないので釧路まで我慢します。

と思ったら、元々北見で長時間停車のダイヤだったようで、見事巻き返し網走には定刻到着でした。

本当は物理をやろうと思っていましたが、この後の旅程を書き直して襟裳岬に行くことにしたので、変更の手続き(ホテルとか飛行機とか)系を3時間くらいやっていました。

概算では元の旅程と予算は変わらずに、襟裳岬まで行って飛行機に乗ることができます。その代償として、予定していたホテル泊が1泊減り、それが新千歳空港でのベンチ寝となりました。(追記:新千歳空港は夜閉まるので、夜明かしはできません)

普通:釧路行(網走1617→東釧路2015頃)

 

f:id:fnwr:20210331113759j:plain

網走駅に停車中のキハ54

網走駅はこのホーム屋根の高い感じと幅広のホームが往時をよく残していてすごくいいですね。昔はこのホームから夜行が出ていったのでしょうか。

f:id:fnwr:20210331114211j:plain

リクライニングシート

北海道のキハ54は車内のバリエーションが非常に豊かです。今回のキハ54はリクライニングシートでした。どこから転用したんだろう。

 釧網本線は網走を出てちょっとしたあたりの原生花園あたりの車窓が大好きなのですが、草は枯れ木色で、今はちょっと微妙かも。

f:id:fnwr:20210331114445j:plain

車両後方から

こういう景色は本当に北海道でしか見られないよね。

最終的に塘路駅の接続待ちで約20分遅延しました。今日は釧路のネカフェ(快活CLUB)で夜を明かします。快活CLUB釧路木場店は釧路駅から徒歩45分。東釧路駅からだと徒歩30分なので、東釧路で降りることにしました。

東釧路駅の画像

東釧路

釧網本線根室本線の乗り換え駅ですが、随分とこじんまりしています。

駅前にコープがありました。本当は生協会員しか使えないっぽいですが、イチかバチか、何食わぬ顔で半額の弁当をレジに持っていったら普通に買えました。結構いい量のカツ丼弁当が215円はありがたすぎる。

これでもしネカフェで高校生だからといって弾かれても、最悪東釧路駅で駅寝をするにあたっての食糧が確保できました。

快活CLUBは普通に入れました。さっきのお弁当を食べて

食べる前に撮るの忘れた

五等分の花嫁9巻を読んで、寝ました。ごとはな久しぶりに続き読んだけど、全然面白くないんだけど。どういうこと。